とんでもないボリューム

 

欅坂46がアルバムを発売しました。

『真っ白なものは汚したくなる』というタイトル。

タイトルからなんとなくアイドルなのにアイドルに対するアンチテーゼを感じる。

 

通常版と初回盤Aと初回盤Bの3形態が発売されたわけですけど、それら3形態の収録曲を全て合わせると40曲。

初回盤AとBで収録曲が違うという阿漕な商売は秋元関連のアイドルらしさも感じるけども。

 

AKBとか秋元康関連のグループはあまり聴かないのだけども、欅坂46はデビュー曲のサイレントマジョリティから最新シングルの不協和音までどの曲も外れがなくてずっと注目している。

曲もコンセプトも他のAKBグループとも乃木坂46とも違って気になり続けている。

 

そして満を持してのアルバム発売ですよ。

全曲聴きましたよ。

それで感じたことは。

これは1stアルバムというより、1stアルバムから3rdアルバムまで同日発売したようにも感じる作品だ。

 

通常版と初回盤AのDisk2と初回盤BのDisk2とでは3枚ともコンセプトが違うように感じた。

もしかしたら、これは大ボリュームのコンセプトアルバムなのかもしれない。

そのことについて、考察もふくめ感想を書いていこうと思う。

 

 

通常版について

 

収録曲

1.Overture
2.サイレントマジョリティー
3.手を繋いで帰ろうか
4.キミガイナイ
5.世界には愛しかない
6.語るなら未来を…
7.ひらがなけやき
8.二人セゾン
9.制服と太陽
10.誰よりも高く跳べ!
11.大人は信じてくれない
12.不協和音
13.僕たちは付き合っている
14.エキセントリック
15.W-KEYAKIZAKAの詩
16.月曜日の朝、スカートを切られた

 

収録曲は上記の16曲だ。

シングル曲やシングルのカップリング曲が中心の今までに発表された楽曲が中心の内容だ。

この中で初収録は16曲目の『月曜日の朝、スカートを切られた』のみ。

 

内容について

通常版は”デビューから今日までの欅坂46のまとめ”的なアルバムだ。

早くもベスト盤をリリースしてしまったかのような作品。

シングル曲はすべて収録されているとともに、ひらがなけやきやW-KEYAKIZAKAの詩などバラエティに富んだ収録内容だ。

サイレントマジョリティーのような楽曲の完成度の高さでリスナーをうならせる曲もあれば、手をつないで帰ろうかのようなかわいらしいアイドルソングも収録されている。

 

様々なタイプの楽曲が収録されているため中だるみすることもなく最後まで聴ける。

曲のmixのバランスはバックの演奏よりも歌が目立つようなmixにはなっているが、アイドルのアルバムとは思えないほど完成度の高いアルバムだと思う。

 

今までのシングル曲をカップリング含め順番に詰め込んだだけとも言えるけど。 

 

 最後の新曲の後味の悪さ

通常版の最後に収録されている曲が新曲の『月曜の朝、スカートを切られた』という曲だ。

この曲が最後に収録されていることによってアルバムの余韻が不穏なものになっている。

それによってこのアルバムがただの曲の詰め合わせのアイドルのアルバムではないということを示しているように感じる。

 

この曲の歌詞を簡単にまとめると、通学の電車で誰かにスカートを切られたが切った犯人に対して「ストレス溜め込んで憂さ晴らしか」と思いつつも悲鳴はあげないと歌っている。